著作権について ブログパーツUL5
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
TABLE OF CONTENTS




↓記事はこの下↓ 
<< 似顔絵探偵の出来るまで。(制作裏話)その2 | main | 1月22日ジョイントゲーム会開催します。 >>
似顔絵探偵の出来るまで。(制作裏話)その3

さて、見切り発車で書き出した結果、

第3回と連載のような形になっております。

 

第1回はこちら

 

もはや、自分が懐かしく、記録の様な物なので

つまんなくてもクレームは受け付けません。

 

 

 

 

てなわけで、似顔絵探偵(未だ似顔絵捜査官)は

2014年の5月のジョイントゲーム会で

初テストプレイされました。

 

 

前回も掲載した通り、

最初は子供ゲームを意識してたのか

黄色の箱でした。

 

 

右のカードは今は跡形もない

担当カードです。探偵とチームを決定します。

チームっていうのは”キャット&チョコレート”のように

 

平等な判定をする為にお互い誰がチームメイトかわからないまま

ゲームを進行し、最後にわかるってルールだったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は特徴をつかみやすいように白黒のイラストでした。

今も存在する悪人達がこの時から悪事を働いております。

 

テストプレイは良好でした。

記憶する時間もプレイヤーは10秒は欲しいという意見も

多かったけど、それは「憶えきれないから時間をくれ!」

っていう要望であって、ゲーム的には憶えれない方が

面白くなる事は間違いないので

その意見は一蹴した。

 

テストプレイして、色々な意見を言ってもらえるのは

とてもありがたい。

しかし、その全ての意見を取り入れてしまっては

何がしたいか分からないバカバカしいゲームが出来上がってしまう

ので 全ての意見を聞き入れた上で精査しなくてはなない。

 

まぁ、ゲーム作ってる人はみんな思う事だと思うけど…

 

 

 

結局、名前を付けてキャラに愛着が出すぎて
キャラを憶えてしまえばゲームに支障が出るので
ナンバーだけに決定した。

 

こんな感じで

パーツの組み合わせ

口だけだと担当した人がつまんないので

他のパーツと組み合わせたり

メガネをパーツに入れるべきか?

などをほぼラインで決定していきました。

 

それから1番悩んだのがこれ↓

 

 

初期の線画を含めると4種類。

布の切り抜いて出来たようなイラストと

段ボール紙の上に塗り絵で描いたようなイラストの

バージョンを制作。

 

俺的には右端のが好みだったんだけど、

要素が多すぎて、憶えるのに邪魔だという事で

最終的にはこれのどのパターンでもないやつに決定しました。

 

とりあえず、線画のまま前さんにDDTで初テストプレイをしてもらう。

 

 

 

 

 

 

メンバーにも概ね好評。w

この後、安く売るために100円の砂時計と

箱に入る長さの消しゴム付鉛筆を探し回る。

しかし、安い砂時計も短い鉛筆も無い。

 

 

 

大蛇のえじきの時にこの箱に入れて

ゲーマーからゲーマーに手渡していって

もらう企画を考えたけど

ルールがややこしい”大蛇のえじき”には

不向きだと判断して計画中断してた物。

 

 

さて、テストプレイを繰り返して

面白い事は間違いないので

ここから微調整に明け暮れる。

 

ひとつはタイトル問題。

名前はボドゲ製作でかなり重要な事だと思う。

ゲームの掴みとしてはもちろん

誰かがそのゲームの評判を調べようとして

見つけれないとどうにもならない。

”似顔絵捜査官”これは同名のドラマが存在する。

ツイートでエゴサーチをすると

そちらがわずかながらヒットする。

同名の物はとても邪魔だ。

以前作った”AYASU”というゲームは

エゴサーチすると

本名がたぶん”あや”という名のアヤスという

ニックネームの女子高生が何人もヒットする。

自分のゲームの評判が知りたいのに女子高生の

日常を見せられてしまう。

「そんな情報は知りたくもない!

いや、知りたくもない事もないが今じゃない!」

 

てなわけで名前の変更を相談。

 

 

 

”じん”と名前が付いてるのが初登場の神宮寺氏。

一見なんの役にも立っていない感じではあるが

彼はこれでいいのです。

彼はこのグループで一番のハードゲーマーで

誰よりも早く。多く。何度もボードゲームを

プレイしている猛者なのです。

だから彼の役目はテストプレイでの感想なのです。

「似てるのがあったとか」「同じテイストだけど

あっちのが面白い」などの批判が無ければそれで

彼の役目の大半は終了しているのです。

 

間違いなく良い出来に2人とも浮かれているツイートをしています。

この後、外人には分かりにくいよと言われながらも

日本人に分かりやすいということで 

ペインターディレクティブ(画家探偵的な感じ)と英語タイトルにしました。

 

そして、前さんが自分のゲーム会「大人のボードゲーム部」

でテストプレイ。

大人のボドゲ部には優秀なゲームデザイナーやら

 

コアな知識人までおられるのでとても参考になる。

 

 

 

 

この後、点数の付け方で色々苦悩した結果。

一番簡単な現状の

「探偵と一番良い証言をした人が1点ずつもらう」

に決定した。

 

 

さて、カードデザインも微調整をした結果。

ほぼ最終形態に。

そして手配書も

 

 


これがツイートで結構な宣伝効果を生み出したと思われる。

 

こうしてテストプレイしてる間も

説明書を作成。

これが私はとても苦手。

しかし、うちには優秀な校閲部の赤ぺン先生がいる。

PDFの説明書のDATAをラインで送る

 

 

 

 

 

 

このようにしてより完璧な説明書が…

おっとまたラインにメッセージが…

 

 

 

とこのように完璧と自分で思っていても

先生が修正してくれます。

 

 

 

そして完璧な…

 

 

 

で、このように…

 

 

 

とにかく俺以上に 細かくこだわってくれて

より美しい文章の説明書が出来るわけです。

彼女がいなければ、このゲームもルールが伝わらず

世の中の人に面白さが伝わらなかったかもしれません。

 

それに似顔絵探偵に限っては

コロンアークのたなやんさんに

英訳をお願いしたのもあって

たなやんさんからも説明書のダメ出しを

いただいたので大変勉強になった。

 

なんせ、最初のゲームの説明書の

ミキティからの指摘のその一つ目は

「句読点をつけましょう!」だったから

 

まぁ、このブログを読んでたら

気付いた人もいるかもしれませんが

雑に書くと句読点はだいたい忘れてます。

 

次の日にジョイントでテストプレイ。

このように好評!

このようにうちの子は大海に旅だったのです。

はぁ〜長かった。ひさしぶりにブログ書いたわ。

だいぶ後半 端折りましたが

概ねこんな感じでした。

 

おっと、忘れるとこだった

 

 

彼が同人ゲーム嫌いのヨッシーです。

彼がいる事によって 半端なコンポーネントの

ゲームはテストプレイさせてもらえません。

彼がいるからこそ 私のゲームのクオリティは保たれるのです。

 

てなわけでジョイントに栄光あれ!

 

ちなみに27日にジョイントゲーム会があります。

遊びに来て、私のゲームに意見を言ってくれるとありがたいです。

 

ではでは、その時お会いしましょう!

 

0
    | ジョイントゲームファクトリー | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://bigpot.jugem.jp/trackback/674
    ツイッター始めました。
    同人ゲーム製作
    ラインスタンプ販売中
    FAVORITE
    ぜひ、アナタのお気に入りに追加してね。
     
      bigpotsjp★yahoo.co.jp
      ★を@に変更してメールしてね。
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS