著作権について ブログパーツUL5
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
TABLE OF CONTENTS




↓記事はこの下↓ 
第18回ふぁみーりえ熊取ゲーム会行ってきた。
忙しいのでざっくり紹介。
ノーチェックでお送りしますので
誤字脱字お許しを・・・・


大阪の果て 熊取レンガ館。
外観は超オシャレ。

2014-08-24 10.21.25.jpg

部屋に入るといつものメンバーが既に遊んでいる。

さっそく、ゆうすけ氏と横氏のインスト中のゲームに参加。

タロ
2014-08-24 10.45.38.jpg
見ての通り 南極に取り残してきた タロとジロを助けにいくゲーム。



ではない。

ダイスで出た目のぶんの積み木を積んで
自分のコマをより高く!もっと高く!もっと!もっと!輝き続けるまで〜〜〜!
俺たちは〜〜〜

とにかく10ダン目に来たら優勝〜〜〜!

てなわけで 誰よりも高い所が好きな私の優勝!

ダイス運と戦略と色々考えられる 良いゲームでした。
何度でもやりたくなる。

2回目は作戦ミスでようすけ氏に敗北。

くまー!

ジャラジャラ ダイスをふる
リアルタイムアクションゲーム。

真ん中に大量に振るのは クマとテントのダイス。
それとは別に各自で振るのは
銃・逃げる・寝袋の3種類が出るダイス。

それを一斉に振る〜〜。
で、早いもの勝ちで 真ん中のダイスと自分の出したダイスとで
2個で1組みのセットを あわあわと焦りながら作っていく。
急がないと 真ん中のダイスが減っていき、
クマかテントのどちらかだけになったら
その時点で「くまーーーー!」って叫んで終了。

テントと寝袋のセットの点数がダントツ5点と高得点だけど
最後に残ったのがクマだった場合 クマに寝てるところを
内蔵を食い散らかされて-2点になってしまう。

だから、最後に残るのはどっちになるのか
考えながら組み合わせないとテントの中は内蔵だらけになってしまう。

簡単で盛り上がれるので どこへ持って行っても
重宝されるゲームだと思うけど

ハイキングや山でのキャンプで
はプレイしないほうが無難だろう。

「くまーーーー!」の声に周りが騒然とする事請け合い。




長年我が家に積んでいた バイソン。
熟成されて良い味になってるはず。

タイルの形は違えでもカルカソンヌを難しくした感じかと思ったが
やっていくとティカルの行動にコスト要素を足した感じかな。

てなわけでインスト込で3時間もかかった。
長めのゲームは苦手。
面白かったし、やり込めばもっと楽しめるのだろうが
同じゲームを繰り返しやるよりも
新しいゲーム好きの仲間が多いため フリマで売る候補に・・・・

あと2、3回はやっておきたいが・・・・

シカゴ証券取引所
2014-08-24 15.58.08.jpg
単純なシステムの株ゲームって、感じ。
とても あっさり終わる。
このシステムを使って 別のゲームを作れる感じ・・・・
面白い。やっぱり、もう一回!ってなっちゃう。


モダンアートカードゲーム
2014-08-24 16.46.46.jpg
本家モダンアートから競り要素を取り除いたゲーム。
なるほど、あっさりしていて 面白い!

ラリー
2014-08-24 17.53.47.jpg
このゲームには言いたい事がいっぱいある。
正直なんじゃこりゃってな感想。

トランプゲームの 座布団を改良したゲーム。
座布団のルールが崩壊していると
たぶんみんなは思っているはず。

それを改良するって試みは良いと思う。
座布団の出したカードの数字を言っていって
嘘を見抜かれたら 今までの貯まったカードを引き取るという

ちゃぶ台をひっくり返したくなるような罰則を
2枚ドローにしている。ふむふむ。
でも、出したカーじゃなくて 今までの合計を言っていく。

合計数には制限が設けてあるので
嘘をつかないと駄目なシチュエーションが出てくる仕組み。

なんかうまく出来ているなぁ〜とか一瞬思ったが、
ページワンみたいに残り1枚宣言をした時に気づいた。

あれ?これ最後の1枚出したら、必ずダウトされるし、
最後の1枚を自分は正直に出しても
その前の人が嘘をついていたら、アウトじゃね?
それを予測して計算出来るはずもない。

じゃあ、あがるには 嘘ついていても許されるカードで
あがるしかないじゃないか!

たった3枚しかない嘘をついてもいいカードをドローしまくり
手に入れるのが勝利への近道って事にならんかね?

ドローする為に序盤わざと間違えてダウトしたり
ダウト宣言されるように仕向けなければならないという
ゲームの目的とは真逆な行動になってしまう。

もし、そのカードを持って無くてあがれるとしたら
この事に気づいてない人達とプレイするしかない。

これはきっと3回ぐらいしかテストプレイをしてないゲームなんだ。
と思ったら リメイク作品だった!Σ(゚д゚lll)
衝撃を抑えきれん。

これは出した会社が馬鹿なのか?
これをリメイク出来るほどの評判にしたボードゲーマーが馬鹿なのか?

そう考えると  ありえないので 私の結論は
間違ったルールをインストした神宮寺氏が馬鹿なのか!

て事になった。
なんかきっと大事な所を間違ってプレイしたに違いない。

まぁ、こういう事もデジタルでないアナログの良い所と捉える事にしよう。
それは、それで話題になるしね。


タージマハル

2014-08-24 20.26.57.jpg
ラージャと同じ雰囲気の陣取り系のゲーム。
競りのような要素もあり
良く出来ていて、プレイヤー間の干渉が激しく
自分の好みのゲーム。

勝利したので3割増に面白かった!


ごきぶりポーカー
2014-08-24 21.08.34.jpg
このゲームで勝った試し無し!
いじめカッコ悪い!


ほいで、今 忙しいのは 我が家にやってきた
大量の大蛇のえじきのおかげ
2014-08-29 21.24.10.jpg
九月の大阪ボードゲームフリーマーケットで頒布
いや、自分で言うのもなんだが めっちゃ面白いです。
なんせ、飽き性の私が20回近くテストプレイしても
まだ面白い。
詳しくはこちら


ああ、明日ゲーム会です。
まだ、空きがあります。
大蛇もプレイできます。来てね。
詳しくは
 
0
    | ボードゲームの話。 | 11:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
    超合体カルタイザーZ
    ここんとこ ずっと 色々ゲームを作っている。
    イラストとアイデアを駆使して作る事が好きな私にとっては
    ボードゲームを作る事自体が
    ボードゲームをプレイするよりも楽しかったりする。

    テーマから考えてそれにピッタリのシステムを思いついた時の
    気持ちよさったらありゃしない。

    その逆もしかりでシステムを思いついて
    ピッタリのテーマを思いついても気持ち良い。

    テストプレイするにあたり
    紙に手描きで作った物でする人も多いと思うが
    面白いかどうかわからないゲームをプレイしてもらうのに
    見た目までつまらなさそうだと
    ほんと申し訳ないので
    ガッツリ作り込む。

    それでもなんだかテストプレイをしてもらうのは申し訳なくて
    なかなか「ちょっとプレイして」とは言いにくい。

    こういう時 ずうずうしく空気の読めない人が本当に羨ましく思える。
    私のゲームを作るうえでの悩みは 
    その完成したゲームをテストプレイをなかなかやってもらえない事に尽きる。

    そんな事だから1人ゲームを作ろうと思い立った。
    これなら 自分だけでテストプレイ出来るからである。
    しかし、残念ながらテーマとだいたいのシステムが思いつくが
    なかなか煮詰められない。

    やはり1人プレイと多人数プレイでは考え方が違うのだろうか…
    多人数プレイのゲームならそこそこ沢山思いつくのだが…
    難しい…

    そうこうしてるうちにやっぱり多人数でプレイするゲームを思いついてしまう。
    そうすると 「これはめっちゃおもしろくなるんじゃない!」
    と思えてしかたなくなるので やっぱり必死こいて作りこんでしまう。

    そうなると やっぱりテストプレイヤーが必要になってしまうのである。

    そんなこんなで ここで発表して 物好きというか好奇心旺盛というか
    やさしくてテストプレイしてやろう!という人が
    うちのゲーム会に来て私が
    「すいません…、ちょっとこれをプレイしていただけません?」
    と恐る恐る伺いをたてなくても

    「あの例のゲームがしたくて今日ここに来ました!」
    とドアを開けて入ってきてくれる。
    そんなわずかな望みにかけて発表してみる事にした。

    で、まぁ、色々あるけど とりあえずキャッチーかなと思って
    タイトルに出してる「超合体カルタイザーZ」を紹介します。


    まぁ、適当ですけど既に箱まで作ってます。

    このゲームはロボットのパーツを集めて合体さして
    最後に戦うゲームです。

    はい!男の子食いついた〜〜〜〜!
    まぁ、嫌いじゃないでしょ?少年時代に夢見たでしょ?
    あのコックピットに入って ロボット合体させて戦いてぇ〜〜〜〜!って?

    その夢を叶える時が来ました。今週の日曜日です。→ここで

    すでに1度テストプレイして好評でした。

    まぁ、この時のプロトタイプは時間も無かったので
    イラスト部分は手描きです。
    なんせ思いついてテストプレイ出来る日取りまで
    3日しかなかったので雑です。

    勘の良い人は分かってるかもしれませんが
    パーツを集める方法はカルタです。
    上のほうにあるグレーの読み札をめくられたら
    一斉にみんなでそのパーツをカルタの要領で取ります。
    いっぱいありますけど色によって良さが違います。
    数が足らなくて取れない場合もあります。

    この時点では10回カルタの要領でパーツの同じ色かマークを集める
    セットコレクションのゲームでしたが
    この時のテストプレイを経てプロジェクトチームの意見を取り入れて
    パラメーターを獲得していき
    最後に戦って勝負する2ラウンド制のゲームに変えました。

    それに伴いデザインも一新し時間もかけて作り直しました。
    それが








    これ


    イラストの落書き感はそのままゆる〜〜い感じで残し
    集めたパーツは最後に合体出来るようにデザインしました。
    ついでに名前も一緒に完成する。

    どうです?貴方だけのロボ!
    作ってみたいでしょ?
    戦ってみたいでしょ?
    必殺技の名前を叫んでみたいでしょ?

    そんな貴方は今週の日曜日ジョイントボードゲームの集いに来てね
    詳しくはこちら

    あと他にはこんなゲームもある→大蛇のえじき

    あとその次の日曜日はカルカソンヌ選手権です

    ぜひぜひ、初心者からマニアまで
    楽しい人達が歓迎してくれる
    ゆる〜〜いゲーム会です。ぜひ来て下さい。

    あ、上に書いてる通り 
    無理にわけの分からない自作ゲームを
    やらす事はないです。
    一瞬でも嫌な顔されたら一話目のパトラッシュの
    ような声を出して引き下がりますのでご安心を…
    0
      | ボードゲームの話。 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
      第16回ファミーリエゲーム会に行って来た。
      先日、自分のとこのゲーム会があったけど
      とりあえず時系列で先週に行ったファミーリエゲーム会から
      レポートしてく。

      今回は電車で行きました。結局よく計算したらやっぱり車のほうが
      金かかるなぁ〜って事でせこい節約家の私は躊躇わず電車で。

      京橋でイワタさんと待ち合わせて
      車中 迫るカルカソンヌ選手権の予選会開催にあたり
      前年 関西ジャガでカルカソンヌ選手権の予選会スタッフを
      していたイワタさんにアドバイスなどを
      もらいながらいく。

      まぁ〜しかし、相変わらず遠い…
      外の景色を見ていて 死んだおばぁちゃんを思い出してた頃
      やっと到着。

      到着するとそこに唸りながら考える2人

      ローゼンケーニッヒ
      2014-05-18 10.38.03.jpg
      2014-05-18 10.38.15.jpg
      その横に謎の砂が…

      写真は撮り忘れたけど
      まぁ、見た目はただの砂。
      ボードでも無ければ、ゲームでもない。
      ただ、触ればなんだかキモイ。今まで触った事のない感触。
      散らばらないので 公園の砂場が使用不能になってたりする昨今。
      小さいお子様の家にこれで砂場を作ればいいんじゃねって商品だと思う。

      まぁ、私は大人なので そこまで楽しくない。



      ほいで なぜにゲーム会に砂が?
      そんな謎を残しつつもゲームを始める。


      スライプ

      なんとも地味な2人対戦のアブストラクト。

      そもそも わしゃアブストラクトはそんなに好きじゃない。
      全てが見えてるから 自分のバカさが他に知れるからである。
      ついでにもっと言うと自分の賢さをアピールしたいマナー知らずが
      横から口出してきたりする奴がいるからである。

      キサマは将棋盤の足のデザインの意味を知らねーのか!と
      言いたい。
      ちなみにクチナシの花をデザインしてある。
      見てる奴は「口は無し」 しゃべんじゃねーぞ!って意味である。

      これはアブストラクトに限った事ではないと思う。
      見晴しの良いゲームにありがち。

      「これは こっちの方がいいんじゃない?」
      とかアドバイスのつもりかなんか知らんが
      それに気付かなかった俺をお前は今バカにしてるんですよ!
      そして対戦相手が「シメシメ」と思っていた事をダメにしたんですよ。
      と声を大にして言いたい。
      しかし、空気を読んで苦笑いで「あぁ、そうねぇ」とか言って
      コメカミのピキピキを隠してるのは言うまでもない。

      まぁ、でもやってみると そこそこ面白い。
      でも、やっぱりテーマのしっかりあるゲームが好きだ。

      ドラッジドラゴン
      2014-05-18 10.37.06.jpg
      中央にドレミファドン(世代がばれるな)よろしく ふわふわと
      小さな玉が浮かんでいる。

      それを吹いて得点を競うゲームらしい。
      さすが前さん。スマホで撮ろうとした瞬間、
      素晴らしい表情を見せてくれる。

      前さんが「一緒にやるか」と誘ってくれたが
      ヨッシーの娘のマリンちゃんに大声で拒否される。

      …さっき あんなに一緒に砂で遊んだのに……

      久しぶりに女子に拒否られて深く傷つく。

      涙をぬぐいながらの
      アブルクセン
      2014-05-18 13.50.37.jpg
      もう、このゲーム最高!
      評判通りの傑作。

      簡単に説明すると
      1〜13とジョーカーの種類のある。
      手札13枚でゲームが始まる。
      真中に山札があってその横に6枚オープンでカードが並んでる。

      そいで自分の手番に同じ数字なら何枚でも一緒に出して良いというルールで
      自分の前に出していく。

      順番に出して行くわけですが
      まぁ、一枚出す人がいたり2枚出す人がいたり
      その時、同じ枚数を出したら攻撃〜〜〜!て事になります。
      攻撃目標は同じ枚数の人だけなんだけど
      その数字が後から出した人の方が大きかったらやっつけれます。

      具体的に言うと そのカードを手札に加えれる事が出来ます。
      でも、そんな糞のような数字のカードはいらねーわ!って時には
      別にもらわなくてもよいです。

      その場合はやられた人が手札に戻すか捨てる事になります。
      捨てた場合 真中に並べられてるカードから好きなカードを
      同じ枚数手札に入れなければなりません。

      そんな感じでぐるぐる手札からカードのセットをみんな出して行きます。
      出したカードは1枚1点ですので
      1週する間に誰にも攻撃されなければ
      「おぉ〜〜我が精鋭部隊よ 無事かぁ〜〜」
      てな気持ちになります。
      そこでそのカードの上側に新たに手札からカードを出すわけです。
      すると、下側のカードはもう攻撃対象にはなりません。
      そこで数字の大きい攻撃されにくいカードで守ったりします。


      手札が無くなれば そこでラウンド終了となります。
      手札の残った人は手札1枚につきマイナス1点になります。


      プレイした感じは 最初バラバラのまとまりのカードが
      やられては 場から手札にあるカードを引き取ってきたり
      やっつけては他の人のカードを仲間に加えたり
      の繰り返しで徐々にまとまりのあるグループになっていきます。

      で、周りの空気を見て、場に大きなまとまりを出陣さして
      本気で得点を狙いに行きます。
      でも、油断してるとドバッといっぺんに出されて
      突然ラウンドが終了して
      手札の猛者たちが そのままマイナスになっちゃいます。

      それを読んで、終わりそうな人の出したカードを攻撃して
      戻さしたりします。

      とにかく、攻撃感 防御感 構築感の素晴らしいゲームです。
      勝ったから余計にそう思うのかもしれんが…

      欠点と言えば キツネか狼かわからんイラストの色違いだけで
      構成された そのやる気のないコンポーネント。

      例えば1が訓練兵2が歩兵3が狙撃兵〜13が戦車とかのイラストだと
      もっと雰囲気が出るのに。と思うのは私だけではないはず。

      まぁ、とにかく買いの一品です。

      BIRTH
      2014-05-18 11.05.28.jpg
      ダイスを使った戦略ゲームかな。
      同人ゲームだけどよく出来てて面白い。

      宝石の煌き
      2014-05-18 16.14.15.jpg
      ドイツ年間ゲーム大賞だっけかのノミネートされた作品。
      ルールは単純で30分ほどで終わるので中毒性あり。

      初めてプレイした時は「えっ!」って間に終わってしまったので
      終わるタイミングに気をつけながらプレイ。
      4人プレイで3人が同点となり獲得カード枚数の少ないミキティが優勝。

      これも買いだな。


      この後、自作のゲームを連続でテストプレイしていただいた。
      (ありがたや〜〜〜〜)

      まずは「大蛇(おろち)のえじき」
      写真は撮り忘れたけど
      最近立派なサイトを作った(未完成)のでそっちを見てみて。

      http://bigpotsjp.wix.com/danrou#!orochi/c1t2h
      ジョイントゲームファクトリー

      サイトを作った時から少し変更してプレイしました。
      もう、納得の完成度でした。
      さて、どうやって売るかな?

      超合体ロボ カルタイザーZ
      2014-05-18 16.48.06.jpg
      思いついて 3日で作った
      カルタ式セットコレクションげーむ。
      10回カルタの要領でカードを取ったらゲーム終了。
      時間の都合でめずらしくイラストはすべて油性ペンでの
      一発描きという適当さが良い味出してるでしょ。


      3日で作ったとは思えないほど盛り上がった。
      しかしながらルールが雑すぎて 大幅な改定が必要なようだ。

      ていうか前さんのアイデアを採用して
      パラメーターを稼ぐゲームに只今変更中。

      ついでにデザインもかっちょよく変更中。
      こんな感じ…

      手描き感は残しつつ


      続いて究極コミニケーションゲーム「AYASU」
      2014-05-18 18.35.57.jpg
      まぁ、これはだいぶ前から作って 調整していたので
      最終確認といった感じ。
      まぁ、満足の出来。かわいいでしょ?


      UGO
      2014-05-18 19.06.18.jpg
      ボードを使ったカードゲーム。
      トリックテイクの要領でわざと勝ったり負けたりしながら
      おっさんを連れてくるゲーム。

      ドラゴンイヤー
      2014-05-18 19.40.45.jpg
      中国の災いの年を乗り切るゲームらしい…

      ここではプレイしなかったが
      ボードゲームアリーナというサイトでプレイした。
      とても面白かったので ぜひやってください。無料です。

      他にもアホほどゲームの種類があります。
      ジョイントアリーナ支部も開設しています。
      仲間になってスカイプでしゃべりながらプレイしましょう!


      エルタイルズ
      2014-05-18 20.41.18.jpg
      序盤は邪魔したりする余裕があるが後半は
      自分の事で必死になる。
      邪魔しながら自分のを育てられるといいんだけど。

      なんだろう 似た感じのゲームはあるように思うけど
      繋げすぎてもダメって所がミソでナカナカのジレンマで楽しいゲーム。

      すきもの
      2014-05-18 21.10.38.jpg
      初プレイ時 何も楽しい事がなく
      全く面白さを見出せなかったゲーム。

      おばあちゃんの墓に「もう2度とあのゲームはしません」と誓ったにもかかわらず
      前さんが嬉しそうに誘ってくるので しかたなくプレイ。

      ゲーム内容は全国の街道をお宝の器やらを探して買い付けするゲーム。
      なんだけど、リアルタイムで山札の中から探すもんだから
      もう、全員「うぉりゃ〜〜〜〜」て感じで街道を疾走してるイメージ。

      まったく愛でてる時間などない。

      そんな事だから偽物をつかまされて「違う〜〜!」って
      陶器を叩き割らねばならん事体になったりする。

      今回は全てがうまくいき優勝〜〜〜〜〜!

      前回のあれはなんだったんだろう?
      やっぱり勝つとゲームは面白いのである。

      よし、負けた君達は甲子園球児のように
      袋に砂を入れて泣きながら帰りなさい。
      ちょうど そこに砂があるから。



      他にも沢山ゲームされてました。
      くわしくは以下で

      ファミーリエ

      大人の子供部屋





       
      0
        | ボードゲームの話。 | 23:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
        草津ゲーム会に行ってきた。
        もう、かれこれ2週間も前の話…
        今更ながらUPする。

        滋賀県の草津のゲームに行った話。
        私は生まれも育ちも大阪府民だけど 20年ぐらい前
        2年ほど滋賀県民でした。

        親父の仕事を手伝って建築業に勤しんでいました。
        まぁ、跡継ぐ為に滋賀で永住しようと引越したわけですが
        仕事をもらっていた会社の担当が3000万円横領!ってのが発覚して
        その会社の建築部門が無くなるという
        楽しいハプニングのおかげで大阪に舞い戻ったわけです。
        つまりは 私にとっては苦い想い出の地。

        まぁ、それ以来ってわけではないけど
        久しぶりに京滋バイパスを走行。

        おっと、もちろん私ぐらいになると後部座席。
        朝も早くから熊取からヨッシーと前さんがお迎えに来てくれたので
        後ろに乗るだけ。

        当然 人見知りの私がよそのゲーム会に
        1人でなど行けるはずも無いので
        大変心強い。

        草津ゲーム会は
        関西ボードゲーマー12神将の1人と数えられる
        ボードゲーム研究会 第2研究員の吉田さんが主催。

        吉田さんほどの有名人になるとてっきり受付嬢でも雇っているかと思っていたが
        吉田さん自ら受付していた。
        吉田さんとはフリーマーケット以来の2度目に会ったが
        私のような下々の者を憶えて下さっていた。
        とりあえず後光が眩しく
        恐れ多いので ただひれ伏すだけ。
        サインをTシャツの背中にしてほしかったが
        ミーハーと思われてはイカンので平静を装う。

        会場はとても広くパーティー会場の様相。
        2014-04-20 10.37.jpg
        きっと 後半で吉田さんのトークショーでも始まるのだろう。

        2014-04-20 10.37.45.jpg
        参加者も多いので持込ゲームも多い。
        普段 目にしないゲームが多くて新鮮。

        そういうわけで
        自分で持って行ったゲームで遊ぶ。
        2014-04-20 10.36.51.jpg
        見た目がモノポリーだがルールはマンハッタンの土地の取り合いを
        凝縮したようなゲーム。
        トップがめまぐるしく入れ替わり、
        誰もがゲーム中1度は優勝出来るんじゃないかと思える良作。
        2014-04-20 10.26.05.jpg
        ダイス運と戦略とカードの使い道で勝負が決まる。

        見た目に騙されずにどこかで見たらプレイする事をオススメする。

        その後 ポルターフェスをプレイ。(写真は撮り忘れ)

        その後は「フィヨルド」を前さんと2人プレイ。
        2014-04-20 11.46.11.jpg
        バトルシープに似たプレイ感の2人専用ゲーム。
        1点差で負けた。

        その間にヨッシーは他の人達とプレイしてるかと思いきや
        1人で「三国志ろう」てな三国志に出てくる人の名前を組み合わせて作る
        1人ゲームをひたすらやっている。
        三国志好きの狂喜を感じた。 
        2014-04-20 11.47.30.jpg
        2014-04-20 11.47.26.jpg
        しかし、なんでここまで来て
        いつものほぼ身内で持参したゲームばかりで遊んでるんだろう?

        その後は積極的にとまでは行かないまでも
        見知らぬ人に混じって色々プレイしました。

        アルパカパカパカ
        2014-04-20 12.16.00.jpg
        ビジュアルもプレイ感も軽くて
        楽しいゲーム。
        勝ったので3割り増しで良いゲーム。

        ウボンゴ
        2014-04-20 13.44.21.jpg
        3Dウボンゴは持っていたが
        元祖ウボンゴは初プレイ。
        こっちのが簡単なので重くなく楽しく遊べました。
        こいつも勝ったのでより面白かった。
        3Dじゃなくて こっちを買ったほうが良かったかな?


        ピラニアペドロ
        2014-04-20 14.23.45.jpg
        久しぶりにプレイ。

        宝石の煌き
        2014-04-20 15.36.58.jpg
        もくもくと無口に楽しいゲームでした。

        すきもの
        2014-04-20 17.57.52.jpg
        これは魚河岸物語 以来の超苦手ゲームだったようだ。
        全く楽しい所を味わえないままゲーム終了。
        他の人は楽しかったようだ…


        下水道の海賊ねずみ
        2014-04-20 19.21.24.jpg
        フィギュア付でイラストもかわいい雰囲気のゲーム。
        みんなで船に乗ってアイテムを集めていくセットコレクション系のゲーム。
        ハッピーセットを集めた押して1点差で優勝!!

        キャメルアップ
        2014-04-20 20.50.39.jpg
        ラクダを走らせながら どの色のラクダが勝つか賭けるゲーム。
        こいつは大人数でも待ち時間が気にならない良いゲーム。

        あっという間にすっかり夜に…
        2014-04-20 20.58.18.jpg
        大人数いると やはりプレイされるゲームの種類も多い。
        プレイしたゲームをホワイトボードに書いていくってのは
        良いアイデアだな〜〜と感心。
        さっそく今回のうちのゲーム会で真似させていただいた。

        しかし、羨ましい参加人数の多さ。
        これも主催者の人望の厚さと人当たりの良さなのでしょう。
        吉田さんは とっても感じの良い、さわやか良いお兄さんでした。
        ラジオで聞いてた声も癒されるし、 
        同じ主催者として見習わなければなりません。

        アクが強いというか ハシャギすぎるのがよくないとは
        わかっているんだが 参加者の誰よりも楽しんでしまうんだよなぁ〜〜。

        草津ゲーム会では抑えめではしゃいでいたので
        そんなに迷惑はかけてないはず…

        遊んでくださった皆様、吉田さん ありがとうございました。

        また機会があれば よろしくおねがいします。

        では、今日はここまで

        草津ボードゲーム会
         
        0
          | ボードゲームの話。 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ボードゲーマー用 名刺
          ボードゲームの集いを開催してたり
          熊取まで行ってると知人が増える。

          人見知りの私的には
          自分のテリトリーの外にはあまり出て行かないが。

          それでもゲーム会の宣伝やら
          色々宣伝しなければならないので
          名刺を作ったりしてます。

          それを今回は紹介します。

          と言いながらもこれはスマホカバー用に作った物。
          名刺にも使えます。ご存知 髑髏と薔薇です。


          これはダイヤモンドです。
          ぜひ、こいつが出るまで我慢したい。


          こいつはティカル。こいつを引いたら勝ちだな。



          カルカソンヌです。ぜひ、真ん中にミープルを寝かしたい。



          今年の年賀状用に作ったものを名前に変えて 現在名刺として使用中。
          チグリスユーフラテスです。ナイスアイデアでしょ。



          メディチ家の養子になりました。

          こんな感じです。
          そうそう7月6日(日)にカルカソンヌ選手権の予選会
          開催する事になりました。
          かっちょいいホームページをこさえましたので詳しくはこちら

          人が集るか ちょっと心配ですが…
          優勝者にこの名刺を作ってあげるってのは 
          どうだろう?宣伝になるかな?カルカソンヌぐらいの名刺なら
          喜ばれるかもしれんね。
          東京の決勝大会に持って行ってもらえたらいいかも。

          次回のジョイントのゲームの集いは4月27日の日曜です。
          ぜひ、お越しください。よろしくおねがいします。


           
          0
            | ボードゲームの話。 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ツイッター始めました。
            同人ゲーム製作
            ラインスタンプ販売中
            FAVORITE
            ぜひ、アナタのお気に入りに追加してね。
             
              bigpotsjp★yahoo.co.jp
              ★を@に変更してメールしてね。
            SEARCH THIS SITE.
            MOBILE
            qrcode
            SPONSORED LINKS
            OTHERS